モテる男になるには今以上の努力は惜しまない

皆さんは「モテる男」と聞くとどのようなイメージを持っているでしょうか?
テレビや雑誌でみる芸能人・モデルなどを連想してしまうかもしれません。
中には「自分には関係がないこと」のように諦めている方もまたいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、皆さんにもモテるような男になれるチャンスというものはあるのです。

モテる男になるなら優しさを忘れずに

女性の方の多くは「優しい男性が好き」といいます。
ポピュラーな条件ではありますが、やはりそれだけ重要なポイントともいえるでしょう。
改めて優しさについて考えて見ましょう。

優しさは「何でも許す・何でも笑顔で答える」という事をいうのではないのです。
簡単にいえば、優しさに「意味」があることが大切といえるのです。
女性は男性の言動というものに非常に敏感です。そして優しさに関しては基本中の基本ととらえ求めている方も多いのです。

どこにポイントを置いて「意味のある優しさ」にするのかというと、記念日やイベント。
こちらにおいてもイメージとしてあるのではないでしょうか。
ちょっとした振る舞いから優しさをアピールしてみましょう。
自分が車道側を歩くこと・さりげなく手をつなぐ・ドア前などでエスコートするなど小さなことでも良いのです。

モテる男なら頑固な意思を持つ

意思ときくと「女性は頑固な男性は苦手なのでは?」と思われるかもしれません。
確かに、頑な過ぎる男性はモテ男であるとは言いにくいかと思います。
ではなぜ意思が大切なのかということです。
それは「イザとなったときに頼れる男性である」という視点での意思が必要になってくるのです。
こちらにおいても耳にされた方もいらっしゃるでしょう。
「頼りがいのある男性が好き」という女性の声はこういったものをさしているのです。

この際、くれぐれも感情的な態度・言い方をしないように心がけてください。
あくまで冷静な意思というものがモテ男のポイントとなってくるのです。

モテる男は細かくなりすぎないこと

女性のためを思っての言動であっても、口を出しすぎてしまったり、あれこれと指示的な物言いをしてしまったなどという経験は無いでしょうか。
基本的に、先のようなタイプの男性はモテるタイプの男にはなりにくいかもしれません。
それは「細かさ」として伝わってしまう可能性が高いのです。

具体的に例を掲げてみると、お食事のお会計の時についてです。
1円単位まで割り勘だ・以前に自分がご馳走したのだからと女性に支払いを申し出るなどという行為がそれにあたります。
金銭的なことはトラブルにも発展しやすいので、こうした言動を取る男性もいらっしゃるようですが、もう少しフラットな感覚でやりとりをすることが良いでしょう。

モテる男はやわらかいニュアンスで伝える

先にも少し触れたのですが「指示をすること」もありまおすすめできません。
女性を見ていて心もとないと感じたときついつい口を出しすぎてはいませんか。
その際に「こうしたほうが良い」「こうしろ」などと指示を出している可能性も考えられます。
女性の中には優柔不断だと感じたり、悩んでいる時間が長すぎるのでは?と思ってしまうタイプもいるかもしれません。
しかし、女性側からするとそうした時間も含めて楽しんだりしていることもあるのです。
ですから、指示をするのではなく、まずは相手をいったん受容することがポイントとなるでしょう。
何か意見を言いたいというのでしたら、「君の考えは良いけれど、自分はこんな考えを持つことが多いかな」などとやわらかいニュアンスで伝えることをおすすめしたいと思います。

「ありがとう」を言いすぎるくらいのモテ男になれ!

特に付き合いが長くなってくると基本的な言葉かけを忘れてしまいがちといわれています。
「ありがとう」などというポジティブな言葉は忘れないようにしたいものです。
また、ちょっとしてときにかける「大丈夫?」などという言葉も優しさとなって女性に伝わるワードです。
この言葉が無いために冷たい・興味が無いのではなどという印象を与えてしまうこともあるようです。
このことから、基本的な言葉かけは必ず忘れないようにしたいこととして認識しておきましょう。
それは、実際に会ってやり取りをしているときはもちろんですが、電話やメールなどでも同様のことが言えるのです。

モテるためには内面から変えていく

今回は、モテるタイプの男性の内面について考えていきました。
外見的要素よりも、お付き合いをする上・続けていく上において重要となってくるのはやはり内面ではないでしょうか。
そうした部分に対しては男女差はあまり関係ないことともいえるかもしれません。
すぐにでも意識をすることができるものばかりですので、実践してみてはいかがでしょうか。
きっと少しずつ環境が変化していくことでしょう。